ごっつええやん!

アクセスカウンタ

zoom RSS FX 今日から稼げる【スパンモデル】の設定・使い方

<<   作成日時 : 2014/11/03 11:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

まいどぉ〜〜〜

スパンモデルは、柾木利彦氏が開発し登録商標を持っているクニカル指標だけど、
無料で使えます。

設定方法

インストーラーを使って、MetaTrader4 に
簡単にスパンモデル・スーパーボリンジャーを表示させることができます。

こちらから⇒設定方法PDFダウンロード


MT4に入れると、こうなります。
画像

USDJPY 4時間足


見方、使い方

上のチャートだと見にくいので、設定を変えてみます。
(自分が見やすいようにすれば良いです)

画像

USDJPY 4時間足


スパンモデルは「一目均衡表」がベースになっているので、
基本的な考え方は一目均衡表と似ています。

雲の赤色ゾーンが「レジスタンスゾーン」、
雲の青色ゾーンが「サポートゾーン」となります。

売買シグナルは一目瞭然で、雲が赤に変化するタイミングが「売りシグナル」
雲が青に変化するタイミングが「買いシグナル」となります。

間違える人はいないハズ(笑)

「サポートゾーン」は相場の下値を支える価格帯、
「レジスタンスゾーン」は相場の上値を抑える価格帯を示します。

つまり、上昇トレンド中はサポートゾーンが相場の押し目の目途、
下降トレンド中はレジスタンスゾーンが相場の戻りの目途となることが多いです。

「赤色スパン」は長期的なトレンド方向を示し、
「青色スパン」は短期的なトレンド方向を示しています。

そして、最強のアイテムが「遅行スパン」です。

ローソク足の上を推移するのが「陽転」、下を推移するのが「陰転」で、
陽転中は「買い優勢」、陰転中は「売り優勢」と判断します。

ローソク足の実体と同じレベルで推移したり、絡んでいる時は、
相場が迷っている時で、揉み合いやレンジ相場となる場合が多いです。

遅行スパンがローソク足に絡み合って推移した後、ローソク足の実体から
離れていくタイミングはトレンドが発生する可能性が高いです。

これに雲の色が変化する「売買シグナル」が重なれば、
絶好のトレードチャンスとなります。

見方は、どの通貨、どの時間足も同じなので
どのトレードスタイルでも対応できますよ。


利益を上げるポイント

極論は「相場と友達になること」です。(柾木利彦氏)

これが簡単そうで、案外難しいんですよね。
エントリーしたら逆に動いて、「しまったー」で反対のポジションをエントリー、
結局、また逆で損切りした分がマイナス・・・

要するに、相場の方向と同じ方向にエントリーするだけです。

例えば、1時間足が上昇トレンドに乗っていたら、
5分足を見て、「買い」のポイントだけをエントリーといった具合です。

これを守るだけでも、かなり勝率は上ります。
お試しあれ!

もっと詳しく知りたい方はコチラです。

チャートに隠された【8つのチェックポイント】を確認するだけの簡単トレード。
最強スパンモデルFXプレミアム

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FX 今日から稼げる【スパンモデル】の設定・使い方 ごっつええやん!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる