アクセスカウンタ

<<  2015年1月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


FX マーフィーのスパンモデルで来週の戦略を考えてみる「ドル円」1/25

2015/01/25 18:28
まいどぉ〜〜〜

いつも使っているスパンモデルの設定や使い方は、
こちらの記事で説明してます。
FX 今日から稼げる【スパンモデル】の設定・使い方


ドル円分析
画像

USDJPY 日足


スパンモデルの雲が赤に変ったところで「売りシグナル」になったけど、
長期トレンドを教えてくれる赤色スパンが上向きなので、
悩むところです(笑

ただ、スーパーボリンジャーのセンターラインに
押さえられていることや、遅行スパンが陰転している
ことなどから、日足では「売り優勢」と判断できます。

今後は、遅行スパンが陽転するまでは、
レンジか反落の相場となりそうです。

チャートに隠された【8つのチェックポイント】を確認するだけの簡単トレード。
最強スパンモデルFXプレミアム
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


FX 為替予測マーフィーのスパンモデルで「ドル円」分析1/1

2015/01/01 18:13
まいどぉ〜〜〜

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。


いつも使っているスパンモデルの設定や使い方は、
こちらの記事で説明してます。
FX 今日から稼げる【スパンモデル】の設定・使い方


ドル円分析
画像

USDJPY 日足


スパンモデルの雲は青で「買いシグナル」継続中です。

遅行スパンも陽転していることから、
ドル円は「買い優勢」と判断できます。

休み明けの注目は、遅行スパンが陽転継続なるか?です。

このチャートのキモは遅行スパンです。

「買い」か「売り」かの判断ですが、単純に遅行スパンが
陽転は「買い」、陰転は「売り」なのですが、
その時の実勢レベル(ローソク足の終値)がプラス1σラインより上、
あるいはマイナス1σラインより下になると、確率が上ります。

なので、休み明けは遅行スパンがローソク足に絡まず
陽転継続、終値がプラス1σラインを越えれば「買い」で良いと
思いますが、ローソク足に絡んできたら反落の可能性も出て
くるので、様子見となりそうです。

見方はどの時間足も同じです。

マーフィー曰く、「遅行スパンを制する者が相場を制する」です。


チャートに隠された【8つのチェックポイント】を確認するだけの簡単トレード。
最強スパンモデルFXプレミアム

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2015年1月のブログ記事  >> 

トップへ

ごっつええやん! 2015年1月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる