アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「FX」のブログ記事

みんなの「FX」ブログ


FXで「おせち」?

2014/12/01 15:17
まいどぉ〜〜〜

毎月おもしろいキャンペーンをやっているヒロセ通商が、
今月もやってますよ(笑)

【正月はLION FXおせちでキメる!華麗なトレード本領発揮キャンペーン!】
華やかに味の饗宴で新年を迎えましょう

キャンペーン商品は、
・LION FXおせち三段重2015
・LION両建カレー( 1人前〜 16人前)
・爆益トレードキーマカレー( 1人前〜 8人前)
・爆益トレード乙カレー( 1人前〜 6人前)
・爆益トレードチキンカレー( 2人前〜 4人前)
・LION FXごはん( 1人前〜16人前)

取引数量で商品が決まります。

その他にも、国産高級黒毛和牛厚切りステーキだとか、
キャッシュバックだとか、いろいろやってますよ。


ヒロセ通商人気システム「LION FX」が選ばれる理由

1,000通貨から取引可能で取引手数料0円!
取り扱い通貨は50通貨ペア!!

更に進化した取引システム「LION FX」。
ヒロセ通商完全オリジナルシステムとして、
業界最高水準のスペックで登場しました!

LION FXの主な取引概要
1. 取引手数料は、0円 完全無料!
2. 1,000通貨単位で取引可能!
3. 取引通貨ペアは全50種類!
4. 成行約定能力99.9% 約定スピード最速0.001秒!(平均0.004秒)
5. 注文種類は全22種類!
6. iアプリ・iPhone・Android・iPadアプリも対応!
7. 三井住友銀行で安心の信託保全!
8. 24時間安心の電話サポート!
9. クイック入金は約380行対応!ATMからも可能!!入出金無料

そして、いつもこのブログでやっているスパンモデルも
標準搭載していますよ。

詳しくはコチラ
ヒロセ通商【LION FX】

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


FX 今日から稼げる【スパンモデル】の設定・使い方

2014/11/03 11:38
まいどぉ〜〜〜

スパンモデルは、柾木利彦氏が開発し登録商標を持っているクニカル指標だけど、
無料で使えます。

設定方法

インストーラーを使って、MetaTrader4 に
簡単にスパンモデル・スーパーボリンジャーを表示させることができます。

こちらから⇒設定方法PDFダウンロード


MT4に入れると、こうなります。
画像

USDJPY 4時間足


見方、使い方

上のチャートだと見にくいので、設定を変えてみます。
(自分が見やすいようにすれば良いです)

画像

USDJPY 4時間足


スパンモデルは「一目均衡表」がベースになっているので、
基本的な考え方は一目均衡表と似ています。

雲の赤色ゾーンが「レジスタンスゾーン」、
雲の青色ゾーンが「サポートゾーン」となります。

売買シグナルは一目瞭然で、雲が赤に変化するタイミングが「売りシグナル」
雲が青に変化するタイミングが「買いシグナル」となります。

間違える人はいないハズ(笑)

「サポートゾーン」は相場の下値を支える価格帯、
「レジスタンスゾーン」は相場の上値を抑える価格帯を示します。

つまり、上昇トレンド中はサポートゾーンが相場の押し目の目途、
下降トレンド中はレジスタンスゾーンが相場の戻りの目途となることが多いです。

「赤色スパン」は長期的なトレンド方向を示し、
「青色スパン」は短期的なトレンド方向を示しています。

そして、最強のアイテムが「遅行スパン」です。

ローソク足の上を推移するのが「陽転」、下を推移するのが「陰転」で、
陽転中は「買い優勢」、陰転中は「売り優勢」と判断します。

ローソク足の実体と同じレベルで推移したり、絡んでいる時は、
相場が迷っている時で、揉み合いやレンジ相場となる場合が多いです。

遅行スパンがローソク足に絡み合って推移した後、ローソク足の実体から
離れていくタイミングはトレンドが発生する可能性が高いです。

これに雲の色が変化する「売買シグナル」が重なれば、
絶好のトレードチャンスとなります。

見方は、どの通貨、どの時間足も同じなので
どのトレードスタイルでも対応できますよ。


利益を上げるポイント

極論は「相場と友達になること」です。(柾木利彦氏)

これが簡単そうで、案外難しいんですよね。
エントリーしたら逆に動いて、「しまったー」で反対のポジションをエントリー、
結局、また逆で損切りした分がマイナス・・・

要するに、相場の方向と同じ方向にエントリーするだけです。

例えば、1時間足が上昇トレンドに乗っていたら、
5分足を見て、「買い」のポイントだけをエントリーといった具合です。

これを守るだけでも、かなり勝率は上ります。
お試しあれ!

もっと詳しく知りたい方はコチラです。

チャートに隠された【8つのチェックポイント】を確認するだけの簡単トレード。
最強スパンモデルFXプレミアム
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


ドル円スパンモデルスペシャルで分析

2014/10/06 16:49
まいどぉ〜〜〜
このシリーズは、本当はコチラのブログ⇒「FX 監督は俺」でやってるんだけど、このところ「この記事は表示できません」になってしまうので、こっちで時々やってます。

ってなわけで、本題です。


ドル円分析
画像

USDJPY 1時間足


スパンモデルの雲は青で「買いシグナル」です。

現在、スーパーボリンジャーの-1シグマラインを割っているので、
調整の反落局面と判断できます。

このまま下降すると、次々と節目がやってきます。

ピボットレベル → -2シグマライン → 38.2戻しライン → -3シグマラインなど・・・


スンナリ下抜けてしまうと、本格的な下降トレンドとなる可能性があります。

どこで反転なるか?に注目。

とりあえず、センターラインを上回るまでは「下目線」です。


遅行スパンが陽転を継続するためには、一気に上昇が必要。
そう考えると、「売り優勢」がしばらく続きそうな感じですね。

詳しくはコチラ
最強スパンモデルFXプレミアム

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


スパンモデルでドル円分析

2014/10/01 10:06
まいどぉ〜〜〜

昨日のドル円は、レジスタンスで反転となりました。

難解な経済指標をあれこれ分析するより、こういうところをチェックしておく方が大事です。


このところアメブロの「この記事は表示できません」が多過ぎ。

ってわけで、今日は最初からコチラに書いた・・・


ドル円分析
画像

USDJPY 1時間


スパンモデルの雲は青で「買いシグナル」です。

長期のトレンドを示す赤色スパンが上に切り上げているので、
上昇トレンドにあると判断できます。

また、中期のトレンドや現在の基調を教えてくれる遅行スパンが
陽転しているので、買い優勢となっています。


今後は、

ローソク足の終値が雲の上を推移し続けられるか、
遅行スパンが陽転継続なるか、に注目です。

詳しくは⇒こちら


スパンモデル・スーパーボリンジャーをMT4で設定する方法。(無料)
こちらで説明してあります



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


FX初心者でも勝てる手法を考えてみた その2

2014/09/29 12:02
またかよ・・・アメブロ
「この記事は表示できません」、ったく使えん。
記事内の言葉を少し変えてみたから復活すれば良いが・・・
どうなることやら・・・

ってわけで、再びコチラへ転載しときます。

今日は、「FX初心者でも勝てる手法」の続きです。
前回の記事は⇒コチラ



実際にどうするか・・・

画像

USDJPY 1時間足


現在ドル円は「買い」のシグナルで上昇基調です。


画像

USDJPY 5分足


1時間足が上昇基調なので、5分足では「買い」のみエントリー。

「売り」のエントリーは見送りです。

1時間足が下降に転じたら、
「売り」でエントリー、「買い」は見送りです。

手仕舞いの目安は、雲とTrixの色の変化です。
Trixの見方は、前回の記事を参考に。

長い時間足の方向だけを、短い時間足でエントリーです。
これを守るだけで、かなり勝率はアップすると思いますよ。

お試しあれ。



おすすめはコレ!
チャートに隠された【8つのチェックポイント】を確認するだけの簡単トレード。
最強スパンモデルFXプレミアム
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


FX初心者でも勝てる手法を考えてみた

2014/09/27 19:40
まいどぉ〜〜〜

アメブロで、「この記事は表示できません」になってしまったので、こちらに転載しときます。

今日のお題は「FX初心者でも勝てる手法を考えてみた」です。

使うチャートはコレ
画像

THV V4 (USDJPY 1時間足)


THV V4は、斉藤学という人がマナブ式FX完全マスタープログラムで紹介してから日本でも多く使われるようになりました。

ただ、このTHV V4は無料で使えます。
導入方法はコチラの記事で紹介しています。
THV V4 でFX楽々トレード

あと矢印のシグナルは「EMA_5_10_34_signal」というインジケーターです。
コチラのサイト様からダウンロードできます。
ZAiFX!

サイトでも説明してありますが、パラメーターは、
5_6_13に変更しています。
画像



見方を簡単に説明すると・・・

THV V4のローソク足は「平均足」で、緑は「上昇」、赤は「下降」を表しています。

基本的に雲の上は「買い」、雲の下は「売り」です。

シグナルは見たままで、ブルーの上矢印は「買い」、ピンクの下矢印は「売り」です。

サブウインドウの線は「Trix」といいます。
色が赤から緑に変る時は、移動平均線の「ゴールデンクロス」
緑から赤に変る時が「デットクロス」のタイミングになります。

太い方が長期、細い方が短期です。

2本のTrixが同じ色でクロスすると、信頼性が高くなります。
色違いのクロスは「ダマシ」の可能性があります。

Trixの色が変わることで、相場が変化することがわかります。
あとはシグナルが出たら「エントリー」するだけです。
再びTrixの色が変わったら「手仕舞」。

実は、チャートの設定が出来れば、超簡単でした・・・


しかし、ここからが大切です。

エントリーは、長い時間足の向きだけです。

例えば、
1時間足が上昇トレンドだったら、5分や1分足では「買い」のみ。
日足が下降トレンドだったら、1時間足で「売り」のみエントリー、
ってなことです。

シグナルが出ると「オッ、買いだ」「今度は売りだ」となりがち・・・
これが最大の失敗の元です。

あと、今回紹介したチャートの威力はいか程か?ですが、
情報商材で、19.800円で販売されているシグナルと比較してみた。
画像

USDJPY 1分足


説明する必要はないと思います。

ネット上には大量のインジケーターが紹介されているので、
色々と試してみると面白いです。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0


トップへ | みんなの「FX」ブログ

ごっつええやん! FXのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる